胚芽米

()
はいがまい

胚芽米とは、玄米から表皮糠層を取り、胚芽だけを残して精米した米。
胚芽米専用精米機にて、米を循環させて少しづつ精米していく。
胚芽は、幼芽、幼茎、原始葉、鞘葉、鞘根などから構成され、脂肪と蛋白質が多く、特にビタミン B1 が多量に含まれているので、白米より栄養価が高い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ