胸椎黄色靱帯骨化症

胸椎黄色靱帯骨化症

(サイエンス)
きょうついおうしょくじんたいこっかしょう

脊柱管の後方にある椎弓の間を結ぶ靱帯(黄色靱帯)が通常の何倍もの厚さになり、骨の様に硬くなることで徐々に神経の圧迫症状が出現してくる病気。

新着ブログ: 胸椎黄色靱帯骨化症