脳内恋人

脳内恋人

(一般)
のうないこいびと

その名が示す通り自分の脳内に設定された架空の人格としての恋人。発祥は定かではない。ポピュラーな例としては、例えば滝本竜彦『超人計画』(角川書店)には主人公の脳内恋人として「レイ」が登場する。
類語として「脳内彼女」「脳内彼氏」もあるようだ。

新着ブログ: 脳内恋人