脳幹網様体

(サイエンス)
のうかんもようたい

脳幹にある、神経細胞と神経繊維が入り交じって網目状になっている構造のこと。筋の緊張・運動の協調をつかさどり、意識の水準を維持する。網様体。大脳皮質への刺激の通路となり、意識の水準を保つ働きをし、睡眠に関係しているといわれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ