自然教育園

(動植物)
しぜんきょういくえん

国立科学博物館付属の自然教育園。

自然教育園の生い立ちは、今から400〜500年前の中世の豪族の館から始まります。
その後、高松藩主松平頼重の 下屋敷 (江戸時代)、陸海軍の 火薬庫 (明治時代)、白金御料地(大正時代)と歴史をかさねてきました。 この間は、一般の人々は中に入ることができなかったため、まれに見る豊かな自然がここに残されました。そして、昭和24年(1949年)に全域が天然記念物および史跡に指定されると同時に、一般に公開されるようになりました。
(国立科学博物館付属 自然教育園 HPより)

スダジイやアカガシ、黒松などの巨木が生い茂る、都会では数少ない場所の一つ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ