自然賛歌

自然賛歌

(音楽)
しぜんさんか

大自然を賛美する歌。
日本の芸術歌曲のほとんどが自然賛歌である。欧米(特にイタリア)の世俗のアリアの内容が色恋であるのに対し、それらを下世話とする価値観からか、花鳥風月を尊ぶ価値観からか、明治以降の西洋音楽移入後の芸術歌曲にこの傾向が見られる。