Hatena Blog Tags

興農ブルズ

(スポーツ)
しのんぶるず

かつてあった台湾プロ野球チーム。「興農牛」。

台中に本拠地を置く。

1994年、農薬メーカーの興農俊国ベアーズを買収し、ブルズとなる。

チームの至宝である黄忠義、エース投手蔡仲南、強打の4番打者張泰山などを擁する。

2002年より、強豪チームとして名を馳せるようになる。


2003年11月、福岡ダイエーホークスの遠征試合の対戦相手となるも敗退。

2004年よりOBの劉栄華が監督に就任。

2005年、前期プレーオフ優勝し。台湾シリーズに進出し4勝0敗で台湾一に輝く。
アジアシリーズ2005に参加。

2007年、黄忠義が選手兼任監督に就任。

台湾プロ野球界で人気のあるチームの1つであった。

2012年シーズン終了後、義朕グループに身売りして義大ライノズにチーム名が変更された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ