花園天皇

(一般)
はなぞのてんのう

鎌倉時代末期の天皇。持明院統。諱は富仁(とみひと)。父は伏見天皇
在位当初は父の伏見上皇、後に兄の後伏見上皇が院政を行っていた。
鎌倉幕府の介入による両統迭立条件より在位10年で大覚寺統後醍醐天皇に譲位。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ