花鳥画

花鳥画

(アート)
かちょうが

花・鳥・虫などを描く中国・日本の絵画の総称。人物・山水とともに東洋画の画題の一。中国、宋代に発達し、室町時代に日本に伝えられて障屏(しようへい)画として多く描かれた。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

ネットの話題: 花鳥画

人気

新着

新着ブログ: 花鳥画