苓北町

(地理)
れいほくまち

熊本県天草郡苓北町は、熊本県の西部、天草諸島の北西部にある町。
面積67.09km²、人口8,124人*1
西は天草灘をのぞみ、北は千々石灘に面した、海に囲まれた町である。
天草市と接しているが、1990年に九州電力苓北火力発電所が西海岸に建設されたことで、財政は豊かであることから、天草市とは合併しなかったとされる。
町名の由来は、天草の別名「苓州」の北に位置していたことから。ちなみに「苓」は「あまくさ(甘草)」を意味する。

沿革

1889年4月1日、町村制施行に伴い、天草郡富岡町、志岐村、坂瀬川村、都呂々村が成立。
1955年1月1日、志岐村、坂瀬川村、富岡町が対等合併し、苓北町が発足。
1956年9月30日、都呂々村を編入。

*1:2011年2月28日現在

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ