英国王のスピーチ

(映画)
えいこくおうのすぴーち

The King's Speech

  • 2010年|イギリス、オーストラリア|カラー|118分|画面比:1.85:1|映倫:G|MPAA: R*1

概要

幼児期の厳格な教育によるストレスの為、重度の吃音に悩まされていたアルバート王子。彼を助けるべく、妃エリザベスはオーストラリア生まれの言語障害の専門医ライオネル・ローグをスピーチ・セラピーとして呼ぶ。時代の移り変わりと共に、ゆったりと信頼すべき関係を築いていくアルバートとローグ。1936年、兄エドワード8世が「王冠を賭けた恋」の為に退位し、急遽アルバートがジョージ6世として国王に即位することになる。果たして戴冠式でのジョージ6世はスピーチは上手く行くのか。
英国王室の実話を笑いも塗して描いた人間ドラマ。公開当時、コリン・ファースの演技が大絶賛された。

アカデミー賞

  • 受賞:作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、主演男優賞(コリン・ファース)
  • 候補:撮影賞、編集賞、美術監督・装置賞、衣裳デザイン賞、録音賞、オリジナル作曲賞、助演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)、助演女優賞(ヘレナ・ボナム・カーター)

*1:Rated R for some language.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ