茂山千之丞

(アート)
しげやませんのじょう

大蔵流狂言方の能楽師狂言師)。
本名:茂山政次しげやま・まさつぐ
1923年、生まれ。2010年12月4日、死去。87歳だった。
三世茂山千作の次男。兄は人間国宝文化勲章受章者の四世茂山千作
京都市出身。
1926年に初舞台を踏み、1946年に二世千之丞を襲名。武智鉄二氏が演出した能様式の「夕鶴」などに出演し、新劇「夕鶴」では山本安英さんの相手役を500回以上演じた。他の芸能との共演をタブー視した能楽界のしきたりを打ち破る言動で注目された。
芥川竜之介原作のオペラ「地獄変」や、「王様と恐竜」など梅原猛氏のスーパー狂言3部作など演出でも活躍した。
1999年に紫綬褒章

主な著書

「狂言役者−ひねくれ半代記」
狂言役者―ひねくれ半代記 (岩波新書)

狂言役者―ひねくれ半代記 (岩波新書)

「狂言じゃ、狂言じゃ!」
狂言じゃ、狂言じゃ! (文春文庫)

狂言じゃ、狂言じゃ! (文春文庫)

など
amazon:茂山千之丞

関連狂言大蔵流茂山家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ