荒川浩充

荒川浩充

(読書)
あらかわひろみつ

翻訳家。(1931年9月11日東京生まれ。本名・浩。別筆名・荒川比呂志。1956年埼玉大学文理学部卒業。英米のミステリーを中心に翻訳。
*翻訳

  • 『知られざる傑作』バルザック著 荒川比呂志訳) 世界青春文学名作選 第28 学習研究社 1966.ガッケン・ブックス
  • 『セギュール夫人童話集 3 門番の子』荒川比呂志訳 岩崎書店 1966
  • 『火の玉イモジェーヌ』シャルル・エクスブライヤ 荒川比呂志訳 早川書房 1967
  • 『帰ってきたイモジェーヌ』シャルル・エクスブライヤ 荒川比呂志訳 早川書房 1968
  • 『やとわれインターン』ローレンス・オリオール 荒川比呂志訳 早川書房 1969
  • 『海の門』ボアロー, ナルスジャック 荒川比呂志訳 早川書房 1970
  • 『イモジェーヌに不可能なし』シャルル・エクスブライヤ 荒川比呂志訳 早川書房 1972
  • 『砕けちった泡』ボアロー, ナルスジャック 荒川比呂志訳.早川書房 1974
  • 『剣に生き,剣に斃れ』カトリーヌ・アルレー 1975.創元推理文庫
  • 『殺人はバカンスに』ボアロー, ナルスジャック 早川書房,1975.世界ミステリシリーズ
  • 『不滅の孤島』ルネ・バルジャベル 早川書房,1976.ハヤカワ・ノヴェルズ
  • 『海底二万里』ジュール・ヴェルヌ 1977.4.創元推理文庫
  • 『すりかわった女』ピエール・ボアロー, T.ナルスジャック 早川書房,1978.9
  • 『またもや大いなる幻影』カトリーヌ・アルレー 1978.1.創元推理文庫
  • 『殺人交差点』フレッド・カサック 1979.7.創元推理文庫
  • 『SAS/カンボジア式ルーレット』ジェラール・ド・ヴィリエ 1980.12.創元推理文庫. プリンス・マルコ・シリーズ
  • 『少年船長の冒険』ジュール・ヴェルヌ 土居寛之共訳.1981.10.角川文庫
  • 『読ませる機械=推理小説』トマ・ナルスジャック 東京創元社,1981.7
  • 『理想的な容疑者』カトリーヌ・アルレー 1981.12.創元推理文庫
  • 『SAS/サンチアゴ冷たい手の男』ジェラール・ド・ヴィリエ 1982.12.創元推理文庫. プリンス・マルコ・シリーズ
  • 『穢れなき殺人者』ブリス・ペルマン 1984.9.創元推理文庫
  • 『顔のない告発者』ブリス・ペルマン 1985.5.創元推理文庫
  • 『さよならメラニー』カトリーヌ・アルレー 1993.11.創元推理文庫
  • 『十五少年漂流記』ジュール・ヴェルヌ 1993.8.創元SF文庫