荻野アンナ

(読書)
おぎのあんな

作家。慶応義塾大学文学部教授。母は画家の江見絹子
1956年11月7日まれ、神奈川県横浜市出身。「背負い水」で第105回芥川賞受賞。

主な作品

  • 「背負い水」(1994年)(第105回芥川賞受賞)
  • 「ラブレー出帆」(1994年)
  • 「アイ・ラブ安吾」(1995年)
  • 「死の発見−ヨーロッパの古層を訪ねて」共著(1997年)
  • 「空飛ぶ豚」(1999年)
  • 「アンナの工場観光」(1999年 )
  • 「一日三食ひるね事典」(1999年)
  • 「ノストラダムスとルネサンス」(2000年)
  • 「ホラ吹きアンリの冒険」(2001年)
  • 「けなげ」(2002年)
  • 「蟹と彼と私」(2007年)
  • 「働くアンナの一人っ子介護」(2009年)
  • 「殴る女」(2010年)

蟹と彼と私

蟹と彼と私

働くアンナの一人っ子介護

働くアンナの一人っ子介護

関連語

慶應義塾大学、土屋賢二

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ