莫高窟

(一般)
ばっこうくつ

莫高窟は中国の16国から元代に至り切り開いた仏教の石窟寺である。甘粛省敦煌市の東南の25kmの鳴砂山の東麓に位置する。莫高窟は南北で長いl680メートルの三危山上に切り開らかれている。高さl5メートルから30メートルにもなる崖面上にあり、現存する洞穴は750余りあって、壁画は4〜5万平方メートル、彩色された塑像は3000数体、木製のやぐらは5基がある。莫高窟の規模は広大で、内容が豊富で、中華の文化の芸術史上の貴重な宝物であり、また古代の東方文化芸術の光り輝く明珠だ。l96l年年中華人民共和国、国務院は全国の重要文化保護財に指定した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ