菱田春草

菱田春草

(一般)
ひしだしゅんそう

 明治時代の日本画家。1874−1911。
東京美術学校(現・東京芸術大学)卒業。岡倉天心の薫陶を受ける。卒業後、天心の勧めにより、古画の模写に没頭する。1903年、横山大観とインド旅行。1904−1905天心、大観とともに欧米視察。
 新しい日本絵画は、輪郭ではなく色彩によることを提唱するが、当時においては理解されず、「朦朧体(もうろうたい)」であるとの蔑称をこうむる。
 代表作:王昭君、落葉(連作)、黒き猫。

新着ブログ: 菱田春草