萩野公介

萩野公介

(スポーツ)
はぎのこうすけ

萩野公介(1994年8月15日 - )は、日本の競泳選手。ロンドンオリンピック400m個人メドレーの銅メダリスト。
個人メドレーを最も得意とするが、自由形、背泳ぎといった単独種目でも実力がある。
栃木県小山市出身。身長175cm、体重70kg。東洋大学在学。
2012年の第88回日本選手権水泳競技大会では男子100m個人メドレー、男子200m個人メドレーとも優勝して五輪派遣標準記録も突破。この結果、個人メドレー100m、200mの2種目で2012年ロンドンオリンピック代表に選ばれた。競泳男子で高校生が五輪に出場するのは、2000年シドニーオリンピックの北島康介と三木二郎以来。競泳男子400m個人メドレーで3位(銅メダル)に入った。
2013年の第89回日本選手権水泳競技大会では、男子200m個人メドレー(日本新記録)、男子400m個人メドレー(日本新記録)、男子200m自由形、男子400m自由形、男子100m背泳ぎで優勝し、史上初の5冠を達成した。

ネットの話題: 萩野公介

人気

新着

新着ブログ: 萩野公介