薬師如来坐像

(アート)
やくしにょらいざぞう

京都・東山の若王子社に安置されていた像。現在は奈良国立博物館が所蔵。
両手首先や螺髪などを除き、台座蓮肉部までを含めて、カヤの一材から造られている。
制作期は9世紀の半ば頃と考えられる。
1953年、国宝に指定されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ