藤原良相

藤原良相

(社会)
ふじわらのよしみ

弘仁4年[1](813年)〜貞観9年10月10日(867年11月9日)
日本の平安時代前期の公卿。藤原北家の藤原冬嗣の五男。
右大臣などを歴任。仏教への信仰心が篤かった。

新着ブログ: 藤原良相