被子植物

被子植物

(動植物)
ひししょくぶつ

裸子植物の対義語。
種を作る植物(種子植物)の二大流派の一。
「花」を制度化したことで非常に多種多様な姿を持ち、進化の頂点に立つ。
現時点ではもっとも繁栄している植物であり、身近にある植物の大半を占めると言って良い。
「被子」とは、胚珠が子房の中に隠れていることから来る。
分類学上は、「被子植物門」に属し、さらに単子葉植物綱と双子葉植物綱に分けられる。

新着ブログ: 被子植物