裸眼立体視

(一般)
らがんりったいし

メガネなどを使わず、左右に並べられた画像を裸眼で立体として見る方法。
交差法と平行法がある。

交差法
寄り目にするようにして立体視する。焦点を比較的合わせやすいが、目が疲れやすい。
平行法
遠くを見るようにして立体視する。焦点を比較的合わせにくく、交差法はできるが平行法はできないという人も。

液晶などのディスプレイにおける裸眼立体視

メガネを用いない3Dディスプレイは、基本的に左右の視差を利用して画像や映像を立体的に見せている。
→ 裸眼立体視液晶

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ