裸絞

(スポーツ)
はだかじめ

[英] naked strangle
裸絞とは、柔道における絞技のひとつで、柔道衣を利用せず、直接相手の頸部を圧迫して絞める技。

特徴・性質

相手の襟を持つ余裕がないとき、自分の両手を組み合わせて、二の腕で相手の咽喉を圧迫して絞める。相手が腰を下ろしているときや仰向けになっているとき、またはうつ伏せになっているとき、相手の背後から、自分の腕を相手の首に巻き付ける。
もう片方の手は、相手の肩の辺りで肘を曲げて、巻き付けた手と握手をするように組む。
組んだ両手をしっかりと自分の胸に引き付けて相手に密着し、自分の頬やあごをあてて絞める力を強めるのがポイント。裸絞は、瞬間的にきまる技で、相手に背後に回られたときには、特に警戒が必要。裸絞をかけられたとき、逃れるためには、首を引いて、両手で相手の手を防ぎ、体をひねって逃れる方法や、相手の袖を握って引きながら、そちらの脇に頭を入れて逃れる方法がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ