西沙諸島

(地理)
せいさしょとう

(中国語:西沙群島)、(英語:Paracel Islands/パラセル諸島)、(ベトナム語:Quần đảo Hoàng Sa/黄沙諸島、群島黄沙)
中国海南島の東南約330km、南シナ海にある諸島。約30以上の小さな島や岩礁などがある。一般の人が普通に居住できる環境ではない。ベトナムなどが領有権を主張しているが、武力衝突以後は中華人民共和国が占領している。

歴史

1926年、フランスが植民地ベトナムの領土として西沙諸島を調査
1938年、フランスが西沙諸島に常駐部隊を置く
1954年、インドシナ戦争が終結、南ベトナムが西沙諸島の西半分を占領
1956年、中国が西沙諸島の東半分を占領、以後18年にわたり、南ベトナムと中国の対峙が続く
1974/1月、中国が西沙諸島の西半分に侵攻(西沙諸島海戦
1974/1/19、中国が南ベトナムの護衛艦1隻を撃沈、南ベトナム軍を排除して諸島全体を占領、西沙諸島は中国の実効支配下となる

西沙諸島の主要な島嶼

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ