視床下核

(サイエンス)
ししょうかかく

大脳基底核の構成要素の神経核の一種。


直径が2-4 mmぐらい(20-30 mm3)の小さな核で,フランスの神経学者Luys, Jules Bernard (1828-1898)にちなんでLuys体とも呼ばれている.脳の断面の肉眼観察の際にも目立つ神経核で,核の境界は明瞭,前頭断面では両凸レンズ形を呈し,矢状断面ではほぼ円形である。視床下核のニューロンはグルタミン酸作動性であり、黒質#黒質網様部 黒質網様部および淡蒼球#淡蒼球内節 淡蒼球内節のGABA作動性ニューロンへ興奮性の出力を行う。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ