親善

(一般)
しんぜん

意味

  1. 天子が自ら善くしようとすること。(天子は対外関係が基本行為なので、「善くする外交」を指すようになる)
  2. 国の代表である元首や君主などが積極的に行動して、国家間の対外関係を善くしようとすること。
  3. 国以外において、ある団体の長が指揮して、対外関係や世間の評判を善くしようとすること。

関連用語

「親」に関する語句

親王内親王親供親政親征親衛親兵親藩親見親書親展親睦

「善」に関する語句

聖善慈善偽善改善独善篤善善意善行善業善徳善道善用

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ