観世流

(アート)
かんぜりゅう

能楽用語。

シテ方の流派の一つ
観阿弥を流祖とする。大和四座の結崎座の流れをくむ。シテ方五流の最大流派。宝生流と併せて上掛リと呼ばれる。
現在の宗家は二六世宗家観世清和
小鼓方の流派の一つ
観世新九郎流とも。
大鼓方の流派の一つ
宝生錬三郎派と呼ばれていたが、1986年観世流として認められた。
太鼓方の流派の一つ
観世左吉流とも。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ