解雇予告手当

(社会)
かいこよこくてあて

解雇予告手当とは、使用者が労働者を解雇する場合、少なくとも30日前にその予告をするか、30日分以上の平均賃金を支払わなければならないとされており、使用者が後者を選択した場合に支払う賃金のこと。

概要

本来、期間の定めのない雇用契約では、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができ、この場合、民法627条1項より契約は「解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」とされている。
しかし、使用者の側から契約を終了させたい場合、つまり使用者が労働者を解雇したい場合については、2週間前の予告では労働者の保護としては不十分である。
そこで、労働基準法20条1項では、民法の定めを修正して、使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をするか、30日分以上の平均賃金を支払わなければならないとしている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ