Hatena Blog Tags

読書

(読書)
どくしょ

本を読むこと。多くの人が趣味としている行為。
おそらく履歴書に書かれる事が最も多い趣味の一つだが、実際には読書くらいしか挙げる事の出来ない無趣味人間がほとんどである。
本来は内向的な行為だが、インターネットの普及によって読書日記をメインコンテンツにしたWEBサイト、blogも出現してきており、内向的行為が表現活動になるという現代的な現象を表わすものとしても注目されている。


〔研究調査や受験勉強の時などと違って〕一時現実の世界を離れ、精神を未知の世界に遊ばせたり人生観を確固不動のものたらしめたりするために、(時間の束縛を受けること無く)本を読むこと。〔寝ころがって漫画本を見たり電車の中で週刊誌を読んだりすることは、勝義の読書には含まれない〕(『新明解国語辞典』第5版より)

『新明解国語辞典』による「読書」の定義は、独特な語釈が多いと言われるこの辞書の中でもそのさらに独特な部類であり、赤瀬川原平の『新解さんの謎』(ISBN:4167225026)でも取り上げられている。

なお、「勝義」とは「本当の意味」という意味。


関連語:二文字キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

「FIRE」について                                                                                                                                              「FIRE」について                                                    

最近は書店に行っても、本を要約(解説)する動画でも、あいかわらず「FIRE」の人気が途絶えていないように感じます。「FIRE」にも4種類?あるとかで、先日はある動画でそのうちの一つ、「サイドFIRE」について語られていました。 「FIRE」とは、簡単に言えば早期リタイアのことです。ただし先ほどの「サイドFIRE」がそうですが、完全に不労所得だけで遊んで暮らせる状態だけを指すのではなく、生活費の半分は不労所得からで、もう半分は「低収入だけど好きな仕事をする」というスタイルも含まれます。 しかし私はどの本を読んでもぜんぜん真新しさを感じません。以前から節約本や積立投資の本を読んできたからだと思いま…