読本

(読書)
とくほん

江戸時代中期〜後期。挿絵が少なく、読むことを主体にした本。『椿説弓張月』、『南総里見八犬伝』など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ