講書始

講書始

(社会)
こうしょはじめ

宮中行事の1つ。毎年1月に天皇の学問始の一環として学者による進講を行う。明治2年(1869年)に京都御所小御所において、玉松操らが和書を代表して「日本書紀」を、東坊城任長(大学頭)らが漢籍を代表して「論語」を講義したのが最古とされる。当時は御講釈始とも呼ばれたがのちに現在の名称となった。第二次世界大戦までは和書、漢籍、洋書の進講を行っていたが、戦後は人文科学、社会科学、自然科学の3分野の権威者を招いての進講を行っている。

新着ブログ: 講書始