財投機関債

財投機関債

(社会)
ざいとうきかんさい

意味

2001年の財政投融資改革によって、財投対象機関が個々に資金調達手段として導入された。政府保証はないが、政府関係機関の経営状況が悪化しても政府が支援すると考えられているため、暗黙の政府保証が行われているともいわれるが、金利は政府保証債よりもやや高い。