貧乏物語

貧乏物語

(読書)
びんぼうものがたり

経済学者の河上肇の評論作品。資本主義による産業化の中で水面下で問題となり第一次世界大戦をきっかけに日本で社会問題化となった「貧困」の背景と問題点を取り上げたものである。1917年に初版が出版された。

ネットの話題: 貧乏物語

人気

新着

新着ブログ: 貧乏物語