Hatena Blog Tags

貨幣論

(読書)
かへいろん
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

□12月に入りました。12月10日くらいまでに新規申請を終わらせなければ、年内の資金実行が難しくなります。企業育成資金の概念は、一見さんお断りの超VIP会員クラブとして見るとこの制度が理解できます。

□12月に入りました。12月10日くらいまでに新規申請を終わらせなければ、年内の資金実行が難しくなります。企業育成資金の概念は、一見さんお断りの超VIP会員クラブとして見るとこの制度が理解できます。 今まで企業育成資金についての規定について、いろいろ角度から説明してきました。 この資金の運用方法が、PPPプラットフォームが提供するPPP運用によって、行われる資金運用、調達の方法ですので、PPPに関する法的ルールが適用されることになります。 基本的には、PPPというのは、欧州にあるPPPプラットフォーム会社が資金を運用しますが、これも認可制度になりますので、FRBのライセンスが必要になります。資…

PPPの制度について理解しなけれbだ、企業育成資金の制度について全く理解ができない。

□PPPの制度について理解しなけれbだ、企業育成資金の制度について全く理解ができない。 日本では、まったくというほど知られていないPPPについてですが、実際には、1951年に日本がICC:国際商工会議所(フランス)に加入してから、日本の企業育成資金の財源を運用する方法として、行われているということです。 この制度については、2008年までは、完全に非公開でまったく世界的に知られていない制度でしたが、現在では、非公開ですが、コンサルタントを経由して私募プログラムとして特定の人脈のネットワークで募集されています。なぜ、そのような募集方法でおこなわれているかは、これは、1933年の米国証券法に関係し…

MMT理論を論じる前に、PPP運用と企業育成資金の仕組みを理解するべきだろう。これが本来の貨幣論である。解決策は、すでに70年前から仕組みはある。

□MMT理論を論じる前に、PPP運用と企業育成資金の仕組みを理解するべきだろう。これが本来の貨幣論である。解決策は、すでに70年前から仕組みはある。 企業育成資金の本当の歴史を調べていけば、結論として、1951年に日本がICC:国際商工会議所に加入したことで、欧州のPPP運用に参加できるようになったことで、企業育成資金が誕生したといえます。 これは、イギリスのPPPプラットフォーム企業に委託をして、米国から提供された財源をベースに運用したことになります。PPP運用を70年も運用したことで、巨額になっているというだけの話になります。すなわち、これは、日本のPPPの歴史といえます。 今、世間では、…