貴志川線

貴志川線

(地理)
きしがわせん

和歌山電鐵の鉄道路線

和歌山駅貴志駅間 14.3km、単線。
愛称:「わかやま電鉄貴志川線」
2006年3月末日まで南海電気鉄道の路線だったが、南海本線が発着する和歌山市駅ではなく、JR阪和線紀勢線和歌山線和歌山駅の片隅に発着する。南海電鉄時代は他の路線とは連絡しておらず、架線電圧も他路線の1500Vではなく、600Vだった(和歌山電鐵に移管されてから1500Vに昇圧された)。車両は南海電鉄から譲り受けた複電圧車が使用される。

略歴

歴史は和歌山鉄道が1916年2月に和歌山駅−伊太祁曽間、1933年8月に伊太祁曽−貴志間を開業させたのに始まる。その後、和歌山電気軌道(和歌山の市内電車を走らせていた会社)を経て、南海電気鉄道に合併されたのは1961年11月である。赤字のため南海電鉄が路線廃止を表明したところ、岡山電気軌道が名乗りを上げ、2006年4月1日、岡山電気軌道の完全子会社「和歌山電鐵」により経営を引き継いだ。

駅名 よみ
“えき”は略
和歌山駅 わかやま
田中口駅 たなかぐち
日前宮駅 にちぜんぐう
神前駅 こうざき
竈山駅 かまやま
交通センター前駅 こうつうセンターまえ
岡崎前駅 おかざきまえ
吉礼駅 きれ
伊太祈曽駅 いだきそ
山東駅 さんどう
大池遊園駅 おおいけゆうえん
西山口駅 にしやまぐち
甘露寺前駅 かんろじまえ
貴志駅 きし


リスト::鉄道路線

ネットの話題: 貴志川線

人気

新着

新着ブログ: 貴志川線