貴志康一

(音楽)
きしこういち

1909年〜1937年 
大阪出身の作曲家。ヴァイオリニストとしてデビューし、のち作曲家・指揮者として活躍した。昭和12年、28歳で病没。

代表曲

 ヴァイオリン協奏曲、交響曲「仏陀の生涯」、歌曲「かごかき」「天の原」、ヴァイオリン曲「竹取物語」など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ