貸出至上主義

貸出至上主義

(読書)
かしだししじょうしゅぎ

図書館運営上、図書の館外貸出サービスをすべて活動の土台・基礎と考える考え方。その考え方を批判する観点からの呼び名。