資本の限界効率

(社会)
しほんのげんかいこうりつ

(marginal efficiency of capital)
資本資産に対する需要価格は,その資本資産からの将来収益を利子率で割り引くことによって得られる。他方,将来収益を割り引いて資本資産の供給価格と等しくさせるような割引率がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ