購買力平価説

(一般)
こうばいりょくへいかせつ

為替レートの中長期的な決定メカニズムを説明する説である。
自国の財の価格をPとし、外国の財の価格をP*とした場合、名目為替レートをeとすると、P=eP*が成り立つとする。
為替レートが財市場で決定されると考えるところに特徴がある。

関連キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ