赤方偏移

赤方偏移

(サイエンス)
せきほうへんい

光源が遠ざかっていくとき、その光源から発せられた光のスペクトルがドップラー効果によって長波長側(赤に近い方)にずれる現象。光源のスピードが遅い場合は、ほとんど変化を感じないが、スピードが光の速度に近づくと、赤い光に変化していく。

ネットの話題: 赤方偏移

人気

新着

新着ブログ: 赤方偏移