赤橋守時

(一般)
あかはしもりとき

鎌倉幕府最後の執権。
北条氏庶流でも家格の高い赤橋流の出身。妹は足利尊氏の妻登子。
その出自から若くして幕府要職を歴任し、嘉暦元年(1326)には執権に就任したが実権は無かった。
幕府滅亡に際しては、巨福呂坂口の大将を務めて激戦の末に自害した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ