赤緑黒白

(読書)
あかみどりくろしろ

『赤緑黒白 ―Red Green Black and White―』
ミステリィ作家・森博嗣の著作。Vシリーズ第10作。

艶やかな赤に彩られた塗装死体! Vシリーズもいよいよクライマックスへ!
深夜、マンションの駐車場で発見された死体は、全身を真っ赤に塗装されていた。数日後保呂草(ほろくさ)は、被害者の恋人と名乗る女性から、事件の調査を依頼される。解明の糸口が掴めないまま発生した第二の事件では、色鮮やかな緑の死体が……! 美しくも悽愴な連続殺人!

赤緑黒白 (講談社ノベルス)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ