越中褌

(一般)
えっちゅうふんどし

細川越中守忠興の始めたものという長さ1メートルほどの小幅の布にひもをつけたふんどし。剣道の袴のなかとか、長時間座りつづける職業(運転手)の人、長時間着替えることが出来ずに汗をかく仕事(自衛隊等?)の人が愛用しているとか。いなかっぺ大将、風 大左ェ門も越中褌(ふんどし)らしいが、しめ方がおかしい。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ