趙広

趙広

(社会)
ちょうこう

趙広(ちょうこう、生年不詳〜263年)趙雲の次男で父と同じく蜀の武将。
鍾会・トウガイらが蜀へ侵攻して来た際、姜維に従いこれを防いだが戦死した。
三国志演義では、趙雲が死去した際、趙広は兄趙統と共にその死を劉禅・諸葛亮に報告した。