足利義視

(社会)
あしかがよしみ

1439年3月3日〜1491年2月15日
第6代将軍の足利義教の第10子。第8代将軍の足利義政の弟。子に第10代将軍となった足利義材足利義稙)がいる。天台宗浄土寺門跡として出家し、義尋を名乗っていた。将軍位をめぐって対立して応仁の乱を引き起こし、乱後は美濃に亡命した。甥の足利義尚と兄の足利義政の死後、子の足利義材足利義稙)を第10代将軍に擁立して自らは後見人として幕政を牛耳った。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ