践祚の儀

(社会)
せんそのぎ

践祚の儀とは、践祚によって天皇が位を受け継いだ際に行われる、「剣璽等承継の儀」と「賢所大前の儀」の総称。
先帝の 崩御または譲位直後に行われ、天皇と天皇の御祖先の間の儀式である。
これに対して、即位の礼は天皇と国民との間の儀式であり、天皇が高御座に登り、皇位を継承したことを、国の内外に宣言する儀式である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ