Hatena Blog Tags

蹄葉炎

(動植物)
ていようえん

一般に馬の蹄(ひづめ)内部の血液循環が悪化し、蹄の内部に炎症が起こる病気。蹄の壊死を伴う場合がある。原因は太り過ぎ、運動不足、蹄のアンバランス、骨折などで四肢の蹄にかかる体重負担が偏ることによる。馬は体重が重いため根治は難しく、また大変な苦痛を伴うため重症に至ると予後不良となることが多い。 トウショウボーイ、テンポイント、サンデーサイレンスなど数多くの名馬がこの病により命を絶たれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ