転輪聖王

転輪聖王

(社会)
てんりんじょうおう

古代インドの思想における理想的な王を指す概念。転輪王とも。地上を法(ダルマ)によって統治し、各種の宝と徳性を備えているとされる。