軽薄短小

(社会)
けいはくたんしょう

四字熟語

内容が薄っぺらく、中身の無いさま。
対義語:「重厚長大

日本の製造哲学

「より軽く・より薄く・より短く・より小さく」を志向する考え。
製品の軽量化・薄型化・小型化による製造コストダウン、配送コストダウン、陳列コストダウンを図った。

狭い宅地面積と無資源国家である日本が、20世紀に生み出した苦肉の策だったが、
21世紀に入り、環境問題・省エネ志向と相容れ、世界的競争力をもった。

代表例に、燃費の良い軽自動車、薄型テレビなどの家電、
ノートパソコン、携帯電話、SONYのウォークマンなどのモバイル電化製品。

関連キーワード

四字熟語 ウォークマン

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ