辻元清美

辻元清美

(社会)
つじもときよみ

政冶家。衆議院議員「民主党・無所属クラブ」(4期)。災害ボランティア担当の首相補佐官。元国土交通副大臣。

「百万人署名運動」では、呼びかけ人として名を連ねている*1

2001年11月12日の「ガールズ・ビー・ポリティカル」のインタビューで、北朝鮮による日本人の拉致問題について、「北朝鮮との国交正常化のなかでは、戦後補償が出てくるでしょう。日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償を何もしていないのだから、あたりまえの話です。そのこととセットにせずに、『9人、10人返せ!』ばかり言ってもフェアではない」と語り、物議を醸す。

生年月日:1960.4.28

ピースボート(NPO)設立者・元代表。「朝まで生テレビ」などのテレビ番組に出演する。
衆議院議員(1996年より社民党所属)。
2002年3月、「週刊新潮」が同氏による政策秘書の給与流用疑惑を掲載。
2002年3月26日、上記の疑惑に責任を取って議員辞職。
2002年4月25日、衆院予算委員会が給与流用問題に関する質疑を行う(参考人招致)。
2003年7月、詐欺容疑で逮捕。
2004年2月12日、東京地裁で懲役2年、執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決を下される。
2004年7月、社民党を離党し無所属で第20回参議院議員選挙に出馬するも次点で落選。
2004年10月6日、ABC朝日放送の情報番組「ムーブ!」で議員辞職以来の画面登場を果たす。
2005年8月16日、執行猶予中のなか、「敗者復活のきく社会をつくる役割を担わせてほしい」と衆院選大阪10区の社民党公認候補としての立候補を正式に表明。比例近畿ブロックで社民党前党首・土井たか子氏より上位指名で重複立候補し、事実上社民党の顔として選挙活動を展開していくことになる。
2005年9月11日、近畿比例ブロックで当選。
2009年8月11日、衆院選で小選挙区当選。その後政権交代で成立した鳩山内閣で、国交省副大臣となる。金銭問題での有罪確定後に入閣したのは、佐藤孝行氏(総務大臣を12日で辞任)以来。
2010年5月、国土交通副大臣を辞任。
2010年7月、社民党を離党。
2011年3月13日、東日本大震災の災害ボランティア担当の首相補佐官に就任。
2011年9月7日、民主党に入党。

*1:「百万人署名運動」は、中核派がイニシアチブを取っていると警察庁に指摘されている。極左暴力集団の動向と対策など。

ネットの話題: 辻元清美

人気

新着

新着ブログ: 辻元清美