近藤康男

近藤康男

(サイエンス)
こんどうやすお

農学者。1899年1月〜2005年11月

戦前は、1925年東京帝国大学助手を皮切りに、1939年東京帝国大学助教授のまま農林省統計課長、1941年東京帝国大学教授を歴任。戦後も1947まで農林省統計調査局長を兼任するなど農林統計に対する大きな貢献がある。
1959年東京大学を定年で退職し、武蔵大学教授として1975年まで勤めた。

「チューネン孤立国の研究」などの多数の著作があり、「近藤康男著作集」農山漁村文化協会(1976年)にまとめられている。

新着ブログ: 近藤康男